ライト・ストーンパネルとは

薄い軽い美しい!光壁の施工やリニューアルに最適な天然石複合板

ライト・ストーンパネル®


ライト・ストーンパネルは、薄くスライスした天然石と、アルミハニカムやABS樹脂ハニカム、エポキシ樹脂、ガラス等の素材で構成された天然石複合板の総称です。

天然石の質感や風合いはそのままで軽量化を図り、強度や耐衝撃性に優れ、建物への荷重負荷も安心なリニューアルに最適な複合パネルです。内外装に使用することができるため、天然石を使ったワンランク上の空間を
提案しています。
中でも天然のオニキスは、光を透過する特性から光壁や光床、透光カウンターなどの施工に多く採用されています。

製品はすべて受注生産品となっており、ご希望に合わせてミリ単位で工場加工し納品致します。
通常の石材では加工や施工が難しい、1200×2400mm※の大板の加工が可能で大人2人でも運搬することができます。
世界にひとつと同じ模様がない天然石ならではの独特なデザインを持つ天然石のパネルは、オーダーメイドのまさに工芸品であり、高級感あふれるラグジュアリーな空間を実現します。

天然石複合板構成図
t15~30
最大サイズ1200×2400mm
以下ミリ単位でオーダー加工可。
石材とハニカム複合材は、エポキシ系接着剤(F☆☆☆☆相当品)を使用して加工しています。
(約11KN/cm2:工場試験データ)
※石種により大板加工ができないものや、最大サイズ以上の加工ができるものがありますのでご相談下さい。
エポキシ樹脂薄石パネル
t3.5~5
300×300/400×400/500×500/600×300/600×600
以下ミリ単位でオーダー加工可
オニキスガラスン複合板
t15
最大サイズ1000×2400mm 
以下ミリ単位でオーダー加工可

ライト・ストーンパネルの種類

天然石ABS樹脂ハニカム複合板

オニキスとABS樹脂ハニカムで構成された複合板です。 透光性に優れているため、主に光壁や光床、内照式カウンターの施工に適しています。 透光された天然石独特の模様が、個性的な空間を演出します。 最大1200×2400mmの大板パネルも可能。 通常は天然石5mm、ABSハニカム10mmで加工を行います。 (約15Kg/㎡~ t=15)
天然石ガラス複合板

オニキスとガラスで構成された複合板です。 透光性に優れておりガラス面を表にして加工することで、屋外でも汚れや劣化を防止することができます。通常は天然石5mm~、ガラス10mmで加工を行います。(約40Kg/㎡~ t=15)
最大1000×2000mmの大板加工が可能。石種により加工できないものがあります。
天然石アルミハニカム複合板

天然石とアルミハニカム材で構成された複合板です。
軽量化・強度・熱効率・施工性に優れ、通常の無垢石材に比べ重量が約1/3と軽く、最大1200×2400mmの大板パネルも可能。 通常は天然石5mm、アルミハニカム10mmで加工を行います。(約18Kg/㎡~ t=15)
天然石エポキシ樹脂複合板
天然石とエポキシ樹脂で構成された極薄の複合板です。 ケイカル板やベニヤ下地等に、 接着剤と専用両面テープで直接貼ることができる優れた施工性が特徴です。 
当社が推奨するストーンカバー工法に使います。
通常は天然石2mm~、エポキシ樹脂1.5mmで加工を行います。最大700mm角可能 (約8Kg/㎡~ t=3.5)
大板加工はできませんが、300角・400角・600角の規格サイズをご用意。最大700角オーダー加工可。





ライト・ストーンパネルの特徴

1)無垢石より1/3軽量化


無垢石より1/3軽量化
天然石1㎡(t=15)の重量は約46kgですが、ライトストーンパネル(石材5mm・アルミハニカム10mm/t=15mm)は約18Kg/㎡と約1/3も軽量になります。3.5mmの樹脂複合板であれば約8Kg/㎡と約1/6まで軽量化できます。
2)無垢石に比べ約7倍の強度


無垢石に比べ約7倍の強度
一般的に石材は衝撃に弱く欠けたり割れたりしますが、ライトストーンパネルはハニカム材で裏打ちしているため、同厚石材の約7倍以上の強度があります。
3)少量からオーダー加工


デザインを「形」にオーダー加工
大板や留め加工をはじめ、様々なデザインを形にします。
天然石をミリ単位でオーダー加工しますので、世界で一つしかない高級建材です。
4)優れた施工性でリニューアルに最適

優れた施工性でリニューアルに最適
本石と比べると軽量で、薄く丈夫なため乾式工法で工期を大幅短縮。ディスクグラインダーで簡単にカットができ、通常の石工事に比べ音や埃が発生しにくく簡単に施工ができます。


お問い合わせはこちら



pege_top_02